31年前のThomas Cook

  • 2016.09.18 Sunday
  • 22:15

 

当時のPrakrtiの命綱?(笑)

今まで大切にしていて書棚に並んでいましたが・・・

いくらなんでも手放すことに決めました。

ドキドキもいっぱいあったけれど、楽しかった思い出。

しっかり心に残っています。

電車 電車

それにしても見事にボロボロ。

31年前からボロボロでした。

なんせ、毎日握りしめてにらめっこして3カ月行動を共にしていたからね。




 

思い出をいっぱい作ってくれて感謝ですハート

 

しかし、実はギョッとしたものです。

Prakrtiが本場の、ヨーロッパでハーブやスパイスに出会って触れてから31年も経っていたのですねびっくり

その前に大阪でスパイスメーカーで仕事をしていたから・・・

ほーんと、長いお付き合いをしているのですね。

と、いうか生活に欠かせないものになって30年以上も経っていたという事実にビックリでした!!!

 

この長い歴史(笑)を今の仕事に生かせて、幸せです。

癒しのアート 「ChieArt」

  • 2008.01.24 Thursday
  • 09:33
昨年10月、サロン移転など身辺状況がワサワサとしているときに、友人から一冊の本をプレゼントしていただきました

 書名は Chie Artなぜ人はこんなにも許されたいのだろう 愛の章というエッセイ&絵   角川マガジンズ発行です。

 その日以降、いつも私の手元にあります。
時間があるときには、自然とその絵を眺めている自分に気がつきます。
 絵はどれもパステル調の濁りのない優しい絵です。
その時の私の心模様によって感じることが違うこともあります。
でも、いつも光に包まれるように癒され、元気をもらえ、その時の自分自身の状況を見つめなおすきっかけをもらえる本です。

Chie Art ホームページ

こちらで素敵な世界にあえますよ
Galleryのページ、ぜひ楽しんでくださいね♪

 今日もその友人からこの本にある

    
    がんばり過ぎないこと
    あせらないこと
    流れにゆったり
    身をまかせているうちに
    自然に答えも見えてくる 

 というエッセイと同じ意味のメールをいただきました。


 いつもいつも気にかけていただきありがとうございます。
感謝です

『伝統医学のこれから』 石原克己著

  • 2007.12.19 Wednesday
  • 19:52
 先日のレイキ講師は鍼灸師(石原鍼灸院漢方薬局開業)でもあり、東京九鍼研究会会長、日本伝統鍼灸学会理事・評議委員、日本伝統医学協会会長でもあられるすごい先生なのです。
 その先生が『伝統医学のこれから 人・心と生活の在り方』を執筆中とは以前から伺っていたのですが、いよいよ出版されたと先日伺い、一日も早く読みたいです〜と。
サイン入りで・・・。とお願いしていたら、本日早速我が家に到着しました。
「感謝 魂の輝きを!!」という素敵なお言葉と共に。

 病と適応能力 癒しと自己治癒力 現代と健康問題 何故、病気になるのか 病の起こりと癒しのプロセス 四季に応じた生活法 伝統医学からみた人の一生等々 とても興味深い内容で、 また先生のご講義の中で教えていただいたことも記されていて。
専門的で治療に触れている部分は理解が追いつかないかも知れませんが、癒し系や自己の本質への気づきの部分は、しっかり学んでこれからに生かしていきますね。

 石原先生、素晴らしい本を著してくださりありがとうございます。
また、お忙しい中、早速お送りいただいて。
 近いうちにお目にかかれるのを楽しみにしています。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

サロンのご予約はこちらから

RESERVA予約システムから予約する

にほんブログ村

よろしくお願いします

友だち追加

参加しています

参加しています

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM