プラクリティがチャンピサージが好きな理由

  • 2018.03.20 Tuesday
  • 22:07

チャンピサージは優しい手技でリラックスできるのに、なぜだか必要な活力も湧いてくるのです♪

 

 

今までは全身のオイルトリートメントとあわせてのヘッドマッサージを提供してきました。

セラピスト活動を始めてかれこれ、13年。

頭のマッサージは受けるのも提供するのもずーっと好きでした。

なので、色々なところでヘッドマッサージを習ってきました。

そして、自分なりの手技が出来上がっていきました。

お客様にも好評で、もっと長くやって欲しいというリクエストも多くありました。(頭なので長ければ良いというものではないとも考えてます)

特に、アーユルヴェーダのトリートメントなので体質に合わせて色々に手技とパターンを駆使してきました。

脳のマッサージと言われているシローダーラという施術もメニューにあります。

 

チャンピサージのまねごとのような椅子に座ってのヘッドマッサージも初期の頃に習ったこともあったけど、あまりピンとこなくて、そのままお蔵入りでそのスクールでの手技は使うことはなく過ごしてきました。

 

イベント用などで、椅子に座った状態で受けていただく短いバージョン(5分〜10分くらい)のヘッドマッサージを数回提供したこともありましたが、そこの手技は使わなかったような・・・。

椅子での手技の気持ち良さをあまり感じることもなかったです。

 

ホームページにも理由は書いていますが、ひばりが丘での再オープンは頭のケアを大切にするサロンにしたいと思っていました。

それで、ヘッドマッサージについてももう一度再考を。

ヘッドマッサージで全身が癒せるという実感と有効性もずっと信念をもっていたので、研究がてら色々なところで受けてみることも久しぶりにしました。

 

そしたら、私の頭が凝っているのか・・・

恐怖に感じるような強いごり押しの手技をするサロンの多い事にビックリでした。

 

そして、自分なりのオリジナルの手技はお客様にどんな印象となっているのかとちょっと心配にもなりました。

そんなことから、昔からすーっーと知っていてヘナインストラクターの資格もいただいていているL.C.I.C.Iの世界最古のヘッドマッサージスクール日本支部のイベントに参加してみました。

このスクールのことやチャンピサージのエビデンスは大学教授でもあり、医学博士でもある上馬塲和夫先生のアーユルヴェーダでの講義で何度も伺っていたこともあるし。

当日も上馬塲先生のご講義もありました。(笑)

 

参加して良かった〜です。

 

そして、安全性と有用性を確認するために研究や検証も重ね、学会発表も積極的に行っているLCICI JAPANでもう一度学び直したいと思った次第です。

大切な頭、安全性が一番です。

その場限りのゴリ押しの気持ち良さ(?)をスッキリ感として売りにしているサロンの気持ち良さとは全く別物ですよ。

と、長くなってしまいましたが チャンピサージの手技を学んで良かったです。

そして、この手技をお伝えする講師しても、ますます研鑽していきたいです。

触れることの素晴らしさを多くの人に知ってほしいと❤願っています。

 

まだまだ、チャンピサージの好きなことを書き続けていこうと思っています。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

サロンのご予約はこちらから

RESERVA予約システムから予約する

チャンピサージよろしくお願いします

よろしくお願いします

友だち追加

参加しています

参加していますポチッとよろしくお願いします

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM